東京都中央区の行政書士なら外国人手続き、建設業許可、電子定款作成代行
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • visa

タグ : visa

カテゴリー1基準の緩和 その2

前回の続きです。 製造請負優良適正事業者 製造請負優良適正事業者認定制度(GJ認定制度)とは、ユーザー企業に「質の高い請負サービス」を提供し、同時に働く人に対して「質の高い雇用機会」を提供する請負事業主が、製造請負優良適 …

カテゴリー1基準の緩和 その1

在留資格の申請をする際の基準でカテゴリーという区別があります。カテゴリー1から4まであり、カテゴリー1に該当すると、提出資料も少なく審査が早い場合が多いです。 依頼を受けた時に相手の会社はカテゴリー1から4のどれに該当す …

留学生が卒業後の在留資格について

3月は日本の学校の卒業時期です。留学生が卒業後、在留カードに在留期限が残っていたとしても、日本に滞在が可能でしょうか? また、このまま日本で就職活動を続けた場合は、アルバイトが可能でしょうか? 今回は、留学生が卒業後のビ …

日本で働く外国人が転職する手続き

外国人は日本国内で就労する際、就労ビザが必要です。特に、外国人は日本国内で転職する場合、少しの不注意で、ビザの更新はできなくなり、日本で働けなくなってしまいます。今回は、外国人の日本国内での転職についてお話します。 転職 …

特定技能、技能実習、特定活動、技術・人文・国際の違いについて

入管法改正で、新しい在留資格 特定技能が増えました。特に単純労働といわれる業種の在留資格の選択ができるようになったので、4種類の就労ビザについて比較してみました。 特定技能(新) 特定技能(新)は、熟練された技能を要する …

外国人がホテルで就職の許可事例、不許可事例

前回ホテルの仕事の就労ビザについてご説明しましたが、今回は許可・不許可事例についてご説明します。 具体的許可事例 ①母国で大学の観光学科を卒業した者が、外国人観光客が多く利用するホテルで、月額22万円の報酬を得て、フロン …

外国人がホテルで就職

ホテルの仕事も人手不足で最近は外国人で働いている人が増えました。どのようなビザで働くことができるのでしょうか? 在留資格に該当する活動の審査 日本の大学もしくは外国の大学又は日本の専門学校を卒業した外国人がホテルや旅館で …

外国人が日本でビジネス(経営管理ビザ取得しない場合)

外国人は海外在住のまま、日本で会社を設立するにはどのような方法があるでしょうか?今回はこのことについてお話します。 会社の設立についての最近の法律の改正について 国内会社の代表取締役のうち,最低1人は日本に住所を有してい …

外国人留学生の留学ビザから経営管理ビザへの切り替えが可能

今年の10月に法案が提出されますが、いままで留学生が起業して経営管理ビザへの変更が不可能だったものが、可能になります。 外国人留学生の起業のビザ(現在) 留学生が起業するには経営管理ビザが必要になります。そのためには、学 …

日本政府は留学生就職できる範囲を拡大します

汉语版请点击这里: 新闻|留学生在日就职可选范围扩大 留学生の就職支援のための法務省告示の改正について日本の大学又は大学院卒業生が、飲食や製造の現場で働けるようになりました。 本邦の大学又は大学院を卒業・修了した留学生( …

1 2 »

PAGETOP
Copyright © 高山和子行政書士事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »